BLOG代表 & 社員ブログ

2013.06.10代表ブログ

井上将豪通信 第3項

お疲れ様です。

本日は、アリの目とタカの目について話しておきたい。

ビジネスにおいて物事を見る際、アリの目・タカの目、両方の視点が必要だと言われている。

アリの目とは目の前の課題を見て、解決策を考える視点。

タカの目とは大きい視野で課題を見て、解決策を考える視点をいう。

ひとつ例をあげてみよう。お客様に訪問した時、以下のような会話をしたとする。

お客様、『最近は景気が悪いからニーズがないんだよね……』

アリの目での対応はこんな具合だ。『そうなんですね。今は不景気ですものね。またニーズがある際は、よろしくお願い致します』

対して、タカの目での対応は例えばこうなる。『そうなんですね。しかし、何故、景気がよくないのでしょうか? ライバルの出現ですが? 他に何かあるのですか?』
上にあげたようにタカの目で見た対応とは、お客様に言われたことを鵜呑みにするだけでなく、もう一段突っ込んで伺ってみる対応である。

その他、お客様に最近の外部人材のご利用状況を伺う際も、単に競合先を聞くだけではなく、一歩踏み込んで何故その会社なのか? 何故、そこの会社のインストシェアが高いのか?
を伺ってみる。

アリの目だけ物事を見ていれば、お客様の真意を掴む事が難しくなる。

物事を考える時は、タカの目で全体を見る。そうすれば、今まで見えなかった問題点、チャンスなどがたくさん見えてくる。

是非、タカの目の視点を強化して行こう!

CATEGORY

ARCHIVE


イベントをお考えの企業様へ 法人向けサイト
Assistjapan
イベントスタッフを希望の方へ お仕事情報サイト
©2022 アシスト・ジャパン株式会社 All rights reserved.

Assist Japan

TOKYO HEAD OFFICE

東京都渋谷区道玄坂2-16-4
野村不動産渋谷道玄坂ビル4F

03-5728-5018
月〜金 9:00 - 18:00 受付

OSAKA HEAD OFFICE

大阪府大阪市中央区南船場2-12-5
心斎橋イーストスクエア8F

06-6120-1930
月〜金 9:00 - 18:00 受付

NAGOYA OFFICE

愛知県名古屋市中村区名駅4-14-8
名駅あさひビル6階

052-589-2820
月〜金 9:00 - 18:00 受付

アシスト・ジャパン株式会社は、2016年6月に日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合し、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備していることを認定され、プライバシーマークを取得しました。(第20002162(02)号)

©2022 アシスト・ジャパン株式会社 All rights reserved.