COLUMN業界解説/現場ノウハウ コラム

抽選会イベントでのイベントスタッフとしての立ち振る舞い2019.09.20 投稿

◆はじめに◆

クライアント様からご依頼をいただく案件で多いイベントの一つが、抽選会イベントとなります。

今回は、その抽選会イベントでのイベントスタッフとしての立ち振る舞いについて記述させていただきます。

◆準備◆

景品を並べる

→どこに何があるのか、把握しやすいよう、同じ種類の物でまとめる(お客様をお待たせさせないため、イベントを円滑に進めるため、よく出る景品を近場に置くようにしましょう)

・ディスプレイを綺麗に並べるよう心がける

→お客様から見て商品が、綺麗に・目立つように並べることができたら、ディレクターに最終チェックをしてもらってください。

パーテーションを並べる

→列整理をする際に使用する柵のことです。ゆるみ過ぎても、伸ばし過ぎても、あぶないためディレクターの指示のもと並べて下さい。

備品や会場のトイレチェック

→出玉管理表(ガラガラ抽選会であれば)・スタンプ・ホッチキスなど使用頻度の高い備品は、必ず事前に確認をし、すぐに使えるよう手元に準備をしておきましょう。お客様からトイレなどの場所を聞かれても、すぐに答えることができるよう事前に確認しておいてください。(手元にフロアガイドなどを事前に準備しておくと便利です♪)

事前に分からないことは質問

→『こうなった場合、どう対応すればいいのか?』と疑問に思ったことは積極的にディレクターに聞いて下さい。(可能ならスタッフ全員が集まっているときに確認をしましょう→全員が理解できる為)

◆抽選会実施◆

・景品の管理

→お客様にお渡しした景品数(何がいくつ出たのかなど)、残りの在庫数を把握しておいてください(※お客様が来られた場合は、当然ですが、お客様の対応が優先となります)

ガラガラ抽選機の出玉

→必ずどれだけ出たのか数のチェックをしてください。

特賞や1等など、大型の景品が当たった場合

→お客様が当日、お持ち帰りいただけない場合があります。その際はディレクターに指示を煽いでください。(※ディレクターが不在で連絡がつかない、お客様が急いでおられる、その場を離れられる、といった場合はお客様のフルネーム・すぐに連絡がつくご連絡先・連絡がつきやすい時間帯等を確認し、ディレクターに報告しましょう)

実施中は笑顔で元気よく勤務

→繁忙時・閑散時でもお客様から『楽しそうなイベントをやっている!』と思っていただけるよう、常に笑顔で元気よくお客様の呼び込みをおこないましょう!

◆おわりに◆

普段よりスタッフへは、上記のような指導をおこなっておりますので、安心してご依頼くださいませ。

また、アシスト・ジャパンでは、イベントスタッフの手配だけでなく、経験豊富なディレクターも多数取り揃えています。是非イベントを行う際にはアシスト・ジャパンまでご相談ください!